前へ
次へ

不動産は担保の最優先候補ですけん

不動産は動けない資産の意味を有します。
それ自体を動かせない、つまり持ち逃げできないために所有者が万が一借金の返済に困ったりなどした際に差し押さえが容易になります。
なので借金をする際の担保の最有力候補となります。
実際にローンの金融商品の一部には不動産を担保に貸し出しています。
そのときには連帯保証人が要らないというメリットが発生します。
そして無担保の場合に比べて貸し出せる金額も多くなります。
けど不動産は他の動産と違ってどれ1つ同じ価値なものは存在しません。
土地の大きさや形が全く同じ、建物の大きさや形や建設時期や設計や建造者が同じであるにもかかわらずです。
これは地域の立地が大きく左右しています。
不動産の価値が高いとされるのは大都会のど真ん中の土地の値段が高い場所が良いとされます。
逆に人が住んでいない地域へ行くほど土地の価値は低くなり売れにくくて困る人が多く発生してしまいます。
従って所有している土地の立地次第で貸し出せる金額も変化してきます。

Page Top