前へ
次へ

不動産を売る方法は買取と仲介がある

自分の持っている不動産を売る方法は2つあります。
買取と仲介です。
どちらの方にもメリットとデメリットがあり、それをよく検討して決めるようにしましょう。
買取はその物件を不動産会社に買取ってもらう方法です。
仲介は不動産会社に間に入ってもらい、自分の売りたい物件を買いたい人を探す方法です。
買取の方は素早く処分できるメリットがあります。
自分の売りたい家や土地を買取ってくれる不動産会社が出てきて、契約を終わらせれば売却が終わって、売ったお金が入ってきます。
ただし、この方法の場合は仲介にくらべて低い価格で売れることになります。
仲介の場合は本当にその物件を買いたい人が買うので、そのエリアの相場で売れることが多いです。
ただし、買いたい人がなかなか現れない場合もあります。
処分を急ぐ場合は買取の方が適しています。
仲介を頼んで売れない時は、買取りに切り替えることも可能です。
これは現実的な売却方法で、自分の不動産を確実に売ることができます。

Page Top